ニュース

傘ホルダーの新型「カサホルダーVer.21」と旧型との違いは本体サイズ

自転車に傘をしっかりと固定できる、傘ホルダーの新型である「カサホルダー Ver.21」を販売開始しました。

旧型の傘ホルダーとの違いは、本体サイズの違いです。

・新型:横50×奥行70×高さ146mm
・旧型:横46×奥行60×高さ180mm

「カサホルダー Ver.21」では、パイプ状の本体部分を太くしましたので、生地の厚い傘でも楽に収納できます。

旧型では傘が入りづらいという方は、新型ならスムーズに入る可能性が高いです。

傘を自転車にしっかりと固定して、走行のストレスを減らし、楽しいサイクルライフを実現しましょう。